So-net無料ブログ作成

阿久悠の家族や息子の莫大な遺産!山口百恵との不仲説はホントか気になる! [芸能]

阿久悠さんの人生を物語にした
ドラマスペシャルが、24時間テレビで
放送されます。

阿久悠さんの家族や息子の資産がスゴイ?

阿久悠さんの遺産はいくらあった?

阿久悠さんと山口百恵さんとの関係は?

阿久悠さんと言えば、昭和の数々のヒット曲
を生み出してきた、”昭和のヒットメーカー”
と呼ばれた作詞家。

阿久悠さんが亡くなられた時は、
家族や息子に莫大な遺産が残されていると
話題になっていました。

また、阿久悠さんの昭和のヒット曲の中
には、昭和を代表するスター山口百恵さん
への楽曲がないことから、山口百恵さん
との関係を気にする声も・・・。

ここでは、昭和のヒットメーカーと呼ばれた
阿久悠さんの家族や息子の資産について、
山口百恵さんとの関係について
調べてみます。


スポンサードリンク





阿久悠の家族や息子は?




〇阿久悠

出生名:深田 公之

別名:多夢 星人

生年月日:1937年2月7日

出身地:兵庫県津名郡鮎原村

死没:2007年8月1日(満70歳没)

家族:妻 息子

学歴:明治大学文学部卒

活動期間:1964年 - 2007年

職業:作詞家、小説家、放送作家


阿久悠さんの名前の由来は「悪友」から。

阿久悠さんは、1959年に広告代理店
宣弘社へ入社し、コピーライターや
CM制作を手がけながら、放送作家
としても活動していました。

しかし、1966年に宣弘社を退職し、
放送作家、作詞家としての活動を本格化
させていきます。

放送作家として音楽番組の台本を書き、
歌われる歌の歌詞を写しながら、
作詞の勉強をしていたそうです。

阿久悠さんが初めて作詞家として世に
出した作品は、ザ・スパイダースの
グループ・サウンズデビュー曲B面
「モンキーダンス」。

その後、作詞家として数々のヒット曲を
送り出し、生涯で作詞した曲は5,000曲以上!

日本テレビのオーディション番組
『スター誕生!』に番組企画・審査員として
かかわり、芸能事務所の担当者が、
目に付いた出場者に札を挙げると
いうスタイルを考えたのは阿久悠さん
だったそうです。

阿久悠さんが結婚して家族を持ったのは
27歳の頃。

広告代理店の同僚だった方と結婚して家族
になり、阿久悠さんが作詞家として、
忙しくなり始めると、妻の妹さんが
阿久悠さんの秘書を務めていました。

翌年には息子も生まれ、3人家族となります。

息子の名前は深田太郎さん。

息子の深田太郎さんは、阿久悠さんの血を
引き継いだのか、作曲家やミュージシャン
として活動しています。

阿久悠さんの息子太郎さん。


阿久悠さんの息子の太郎さん、
お父さんとどことなく似ていますね。

息子の太郎さんは、作曲家として
椎名へきるさん、坂井真紀さんなどに
曲を提供しています。

また、阿久悠さんとともに
本田美奈子さんへの曲を父親と息子で
手がけたこともあるそうです。


スポンサードリンク





阿久悠の家族や息子の遺産は?




2007年に阿久悠さんが亡くなられた時、
たくさんの偲ぶ声がありました。

しかし、それと同時に阿久悠さんの
”莫大な遺産はどうなるのか?”
”家族や息子はどれくらいもらえるのか?”
といった下世話な話にも注目が集まりました。

阿久悠さんは生涯で5000曲以上の作詞を
手掛け、レコードやCDの総売上枚数は
7000万枚近いと言われています。

7000万枚って想像もつかないくらいの
印税ですよね~。

阿久悠さんは歌詞印税だけで年間数億円を
稼いでいたそうです。

近年は発表されませんが、昔は、
高額納税者番付でも常連。

2005年は1億9000万円、
2004年は2億3100万円の収入があった
事が分かっています。

自宅や仕事用のマンションなどの
総資産額は100億円と言われています。

家族は嫁とひとり息子の3人家族。

阿久悠さんの遺産を残された家族が
丸々もらえるのかというと、
そうでもなく、莫大な遺産だからこそ、
莫大な相続税がかかってしまうようで・・。

家族は遺産をどうするか大変だった
のではないでしょうか?

故人の力で稼いだお金なのに、
なんでそんなに税金で持っていかれるのか
自分が家族だったら納得できないような。

調べてみると、遺産が多ければ多いほど、
相続税率も上がっていき、残された家族
が払わなければいけない額が上がるようです。



阿久悠と山口百恵との関係は?




昭和のヒットメーカーと呼ばれた
阿久悠さんですが、昭和の大スター
山口百恵さんへの楽曲はひとつも
ありません。

当時は、阿久悠さんと山口百恵さんの
不仲説も囁かれていたようです。

阿久悠さんが審査員を務めていた
「スター誕生」に山口百恵さんが
出た際に、阿久悠さんが、
『君は例えば誰か青春スターの妹役 
 みたいなものならいいけど、歌は
 諦めた方がいいかもしれないね。』
と批評したそうです。

しかし、山口百恵さんは「スター誕生」
で見事合格し、大スターに。

最初に山口百恵さんを批判した阿久悠さん
は、その後一緒に仕事が出来なかった
のでは?との噂があったそうです。

けれども、実際は阿久悠さんと
山口百恵さんは不仲ではなかったよう。

山口百恵さん育ての親のプロデューサー
酒井政利さんによると、
『時代は暗い時代になっていた頃で、
 百恵さんには明るい歌より暗い歌の
 方が似合うのではないか?と判断し
 アンチ阿久悠で行こう!』
となったと話しています。

山口百恵さんと阿久悠さんがどうこう
ではなく、山口百恵さんの周りの大人が
方向性を決めた上で、阿久悠さんには
作詞を頼まなかったようですね。

確かに、阿久悠さんには、たくさんの
代表する曲がありますが、明るい曲が
多いように感じます。

石川さゆりさんの「津軽海峡・冬景色」
などの演歌もありますが、やっぱり、
阿久悠さんと言えば、ピンク・レディー
のヒット曲が浮かびます。

<阿久悠さんのピンク・レディー作詞曲>

「UFO」
「透明人間」
「S.O.S」
「サウスポー」
「ウォンテッド」
「モンスター」
「渚のシンドバッド」
「ペッパー警部」

<阿久悠さんのヒット曲の数々>

「また逢う日まで」尾崎紀世彦
「北の宿から」都はるみ
「時の過ぎゆくままに」沢田研二
「勝手にしやがれ」沢田研二
「もしもピアノが弾けたなら」西田敏行
「宇宙戦艦ヤマト」ささきいさお
「あの鐘を鳴らすのはあなた」和田アキ子
「学園天国」フィンガー5
「林檎殺人事件」郷ひろみ
「せんせい」森昌子
「雨の慕情」八代亜紀

昭和世代ではなくても聞いたことのある、
知っている名曲がたくさんありますね。

阿久悠さんが山口百恵さんに作詞を
していたらどんな名曲が生まれていた
のかも気になります!


以上、昭和のヒットメーカーと呼ばれた
阿久悠さんの家族や息子の遺産について
山口百恵さんとの不仲説についてでした。


スポンサードリンク





コメント(0) 
共通テーマ:芸能

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。